読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春映画の大傑作・アメリカンスリープオーバーの最高さについて

『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の処女作『アメリカンスリープオーバー』が最高でした。青春映画の大傑作。

3度の飯をより青春モノ好きなワタクシとしましては、プールサイドで女の子2人が「今年の夏どうだった?」「去年と同じかな」って話す冒頭のシーンからやられてました。

f:id:ssmtmt1988:20160910131900j:plain

アメリカは夏休みの最後にスリープオーバー(お泊まり会)をやる文化があるらしく、その、年に一度の「特別な夜」を描いてます。
何が特別って、特に何もないんですけど当の本人たちにとっては一大イベント。みんな「なんかあるかも...」と静かにテンションが上がってます。
ボンクラ男子が集まってエロビデオを観るグループがいたり、お酒なんて飲んじゃって女子会するグループがあったり、プールのある家で男女混合で大はしゃぎするグループがいたり、町の至る所で同時多発的にお泊まり会がおこなわれています。なんじゃその文化。

 

f:id:ssmtmt1988:20160910134503j:plain

メイン4人の4つのエピソードからなる群像劇スタイルで、それぞれが夏の特別な夜を切り取るもんだから青春の増し増しで頭がクラクラします。

みんなやることがダサい!恥ずかしい!で、超キラキラしてる。


4人とも素晴らしいんですが、特にプールサイドでのマギーの恋が好きでした。
上手くいきかけて、ミスって、でも奇跡のワンモアチャンスがあって、という展開にもうやられまくったんですがラストの演出にうなりました。

朝方のプールでいい感じの2人が「ウォータースライダーを滑り終わったとこでキスしよう」って約束をして滑り始めます。
そりゃあ最高な曲がかかって熱いキッスを交わすのだろうよとワクワクしてたら、予想に反してモヤっとした感じで終わります。

一瞬肩透かしをくらったのですが、最後の台詞と「ポチャン」というプールに落ちる音だけでエピソードを終結させる演出力にしびれました。粋!!!

f:id:ssmtmt1988:20160910135326j:plain

この映画、「特別な時間だって等しく流れるんで」と言わんばかりに淡々と進んでいきます。

誰一人としてスカッとしない。みんなモヤモヤが若干残る...けど超超爽やか。これって凄いっすよね。

わかりやすい爽快感がなくとも若者特有の甘酸っぱさがヒリヒリと伝わればもう青春なんすね。

エマワトソンがデヴィッドボウイをBGMにして車から身を乗り出すキラキラパッカーン的な映像だけが青春じゃないぞ!!という新たな概念がぶち込まれました。(もちろん「ウォールフラワー」も最高!!!)

 

 

人生経験の乏しさからみんなテクニックがなくてみっともないんだけど「自分はどこまで行けるんだろう」的な漠然と自分の可能性を試すかのごとく夜を彷徨うんですね。ため息が出ます。

 

プロムとかアメフト観戦とか、アメリカのこうゆうティーン文化たまんねえっす。

あと新年度が9月ってことは、アメリカ人にとって夏の終わり=別れと始まりでもあるんですね。日本の比じゃなじゃいくらい夏という季節が切なそう。

 

あとはエンディング曲の素晴らしさです。

エンディング曲の対訳が出て、映画の内容とリンクしてる時の感動たるやないので大好きなのですが(「ショートターム」のラップとか最高!)、この「The Saddest Story Ever Told」の歌詞の素晴らしさもマジで最高でした。あーこの曲をかけるための映画だったのかなと思うほど凄まじく爽やかな風が吹きました。ナイス選曲だぜデヴィッド。

なんか聴いたことあるなと思ったらHomecomingsが数年前にカバーしていました。なんというセンス。。ホムカミのカバーverもすんばらしいです。

 

The Magnetic Fields - The Saddest Story Ever Told

www.youtube.com

 

この映画、パンフレットが品切れしてるのですが
発行元であるグッチーズさんが「希望者が多ければ条件付きで増刷」してくれるらしいです。「!」マークを多用したメールを送ってしまいました。
9/25までとのことっす。
なんかソフト化も厳しいらしいのでせめてパンフは欲しい...と願ってます

『アメリカン・スリープオーバー』のパンフレット増刷について – Gucchi's Free School(グッチーズ・フリースクール)

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近よかった映像。パラリンピックなど

ここ最近のもっともたまらん映像はパラリンピックのCMっす。

www.youtube.com

あーもうすごい。超いい。ユーモアと愛とスタイリッシュの洪水です。
イデアのデパートや。クリエィティブの宝石箱や。まじ泣けたっす。

 

 

UNIQLOのLifeWearのCMもロマンチックで超好き。

www.youtube.com

 

 

 

今年のポカリCM、女子マネージャー側からの「エール」篇が最高すぎましたが、男子からのアンサー「サンクス」篇もこれまたすんげー良くて何度も見てます。

「いやいや、応援する女子に男なんかが勝てるわけないっしょ...」と観始めまして…ものの10秒でうっうっとなってしまいました。

 

「エール」篇

www.youtube.com

「サンクス」篇

www.youtube.com

メイキングも超よかった。「自分は、きっと想像以上だ。」のコピーが本編以上にバチコンとはまる大傑作でうなりまくりました。

 

ポカリCMは好きなのいっぱいだけど 特に好きなのはこれっす。
これ小学生のとき観て、後藤理沙のあまりの可愛さにぽかーんとしてしばらくポカリばっか飲んでた。1分verより30秒verのキレが好き。

www.youtube.com

 30秒しか描いてないのにこの女の子がご飯たべて恋をして生きてる世界がちゃんと存在するという気にさせられるんですよね。マジクラシック。

 

 

 

ミュージックビデオだったらこれすげーってなった。

vimeo.com

男性器丸出しのキレイな映像をはじめて観た。外人でも意外とちっさいんだなとほっこり。

 

 

 Toro Y Moi: Live From Trona

vimeo.com

Vimeoで有料配信されてるトロイモアのライブ映像を買ってみたんですが、これも超よかった。1350円でストリーミング再生できる。曲はライブアルバムとしてapple musicで配信中。映像はvimeoの企画らしく、なんかすごく時代に合ってるなーと感心しました。
砂漠の真ん中というとんでもないとこで演奏してて、バンドメンバーのルックの決まり具合からステージの存在感、昼と夜のライティングなどなど、映像としてめちゃっかっこよかった。薄いサーモンピンクのテロップいいな。あとトロイモアはなんつう指輪してるんだ...オシャレすぎる。

 

 

「セッション!」のデミアン・チャゼル監督の新作「LA LA LAND」。予告編だけでこんなグッとくるとは何事かと何度も何度も見返してほえーっとなってる。ライアンゴズリングとエマストーンなんて最高の予感のみです。楽しみ!

www.youtube.com

 

シン・ゴジラ」も「君の名は」もどっちも最高に面白かったです。流行ってるものを劇場で観れてしっかり楽しめるなんて幸福です。イエーイ。

 

 

 

 

やっぱりNetflixが最強

オリジナル作品の面白さがド級なのでNetflixにはしばらく課金してく所存です。

 

f:id:ssmtmt1988:20160821202533j:image

 

「ハウスオブカード」の面白さは言わずもがなでしたが、日本版の初オリジナル「火花」が個人的に1番グッときました。

f:id:ssmtmt1988:20160820223818j:image

これテレビドラマじゃありえない作りだなーと。

ある漫才師の10年間を10話かけてじっくりじっくり描いてるので、ほぼ何も進まない回もあります。恐ろしく地味。恋愛らしい恋愛もほぼ無し。特定の敵もいない。次の話へのひっぱりも全くなし。

漫才に静かに熱く向き合う青年がひたすら描かれてるだけっす。でも超面白い!

 

主人公が超暗くて、変に尖ってるから全然可愛くない!はい、こんなやつ愛すしかないっすよ。

他のキャラクターも皆すんごいよかった。門脇麦さん、素晴らしすぎんだろー。
井之頭公園での再会シーン、あれはたまらんものがあった。

 

で、9話10話でもう本当爆発的に面白いことになるんで刮目せよです。静かに熱い傑作とはこの事だなーと思える素晴らしき作品でした。

音楽も◎

f:id:ssmtmt1988:20160820225939j:image

芸人を辞める人、しがみつく人、辞めてまたやる人…これ観た後に極楽とんぼの復活めちゃイケを見ちゃったもんで更にぐわーっときました。

 

舞台である吉祥寺、中野などの街が実際にガンガン映ってるも良かったっす。ハーモニカ横丁で飲んだ後に吉祥寺の駅前でぐでーんと寝っ転がったり、中央線沿いを歩いたりと、なんか凄く東京を感じる作品でもあります。

 

ラストは原作まんまのとんでも展開なんですが僕は凄く好きです。綺麗な終わりじゃないけどなんか愛せる。逆に完璧でスマートな作品ほど見返しませんよね。 

f:id:ssmtmt1988:20160820233622j:image

 

 

「火花」の他は最近配信がはじまった「ゲットダウン」が最高した!これ観てNetflix間違いなしと窓をあけて叫びました。

f:id:ssmtmt1988:20160819195829j:image

70年代のヒップホップ黎明期×青春ムービーなので、画面に好きなものしか映ってなくてクラクラしました。

昔、バナナマンのラジオに乃木坂がゲストで来てグアムから放送した回がありまして、その旅先ならではのスペシャルな幸福感に近いものがありました。

 

「ゲットダウン」は演出がベタ過ぎるという意見があるみたいですけどそこが良いんじゃない!と語気を強めて言いたい。わかりやすいストーリーでちゃんと毎回見せ場があるんす。火花とは真逆。

とにかく毎度のライブシーンのカッコよさは最高級っす。アドレナリンばんばん!さすがバズラーマン!バズラーマンって思わず発音したくなる名前ですよね。

やっぱ若者が自分の武器ひとつでサバイブする姿は熱くなりますね。最初にマイクを握るシーンの熱さったらないです。大好きです。

先日、同じくHIP HOP×青春を扱った映画「dope!」にガッカリしていたので救われました。アメリカ最高!

f:id:ssmtmt1988:20160819195843j:image

 

huluは日本のバラエティとドラマに強くて、取り扱ってる映画のチョイスはイマイチダサいイメージ。

オススメしてもらったドラマ「誰にも言えない」は信じらんないくらい傑作でした。佐野史郎の怪演やべーす。93年作。huluで観れます。

f:id:ssmtmt1988:20160821203755j:image

 

 

アマゾンプライムは、昔の邦画がたくさんあって良い感じっす。たまたま観た川島雄三監督「しとやかな獣」はオールタイムベストのひとつに入れたいくらい傑作でした。ポランスキーおとなのけんか」的な、センス良い密室劇コメディーでクズばっかが集まって繰り広げられる会話は痛快x100。若尾文子さまの美しさもMAX。

映像もいちいちカッコよくて痺れまくりました。

f:id:ssmtmt1988:20160821203805j:image

 

 

 

まーそれぞれのサービスに特色ぽいものがありますがNetflixやアマゾンプライムなどのオリジナル作品が今後どんな傑作を生み出していくのかに期待しまくりです。今1番信頼できるクリエイティブなんじゃないでしょうか。アマゾンプライムの新作はなんとウディアレンらしいですよ!

やっぱり過去の名作アーカイブより未来に期待したいっすね。

 

www.youtube.com

いわき総合高校「魔法」の最高さについて

ロロ三浦直之さん 作・演出のいわき総合高等学校総合学科第13期生卒業公演「魔法」の千秋楽を観てきました。

物凄くエモーショナルな作品で超感動しました。

 

f:id:ssmtmt1988:20160815135252j:image

まず公演前の校長先生による静かに熱のこもった挨拶で目頭が熱くなった。

「なんとなく演劇を履修した20人の女子校生です。女優を目指す子は多くありません。これが人生最後の演劇になる子もいます。」

あーそっか、プロ目指してる子たちじゃないのか、それはそれで凄いものが見れそうだなと期待した。

 

教室で20人の女の子が一斉にワイワイしてる休み時間のシーン、個性的な動きで目立つ子がいれば、静かそうな子もいるし、滑舌が悪く独特な間を持つ子もいるし、色んな子がいるのがわかる。

この「色んな子がいる」ってのは本当グッとくるポイントでして、20人の女の子が一斉に別の言葉を発するシーンではそのバラバラの個性がそれぞれ輝き、それがパッとひとつになった瞬間、もうそりゃあ味わった事のない感動でした。

 

で、ラストが最高でした。

文化祭で漫画喫茶?を出店する女の子たちが、色んな漫画作品に合いそうな曲を選ぶシーン。「アオハライドにはこれでしょ!」みたいな感じでYUIなどをiPhoneでかけてキャッキャと歌ったり踊ったりするんですが最高だったー。チャコールフィルターのチョイスには悶絶したっす。

これは『リンダリンダリンダ』で俺が1番好きなシーンだ!と興奮しました。映画の中で文化祭のバンド演奏する曲を決めるために、女の子たちが色んな曲を流してキャッキャと歌って踊るあれだ!たぶん。あれは楽しそうで本当に大好き。

 

その漫画喫茶の子たちが話してる時に体育館の裏では別の子がダンスの練習をしてます。

バラバラに見えるものがラストに

江本祐介の『ライトブルー』が爆音でかかって一気にひとつになってバーンと光り、もう青春が爆発します。「あー、1番の瞬間ってのは言葉とかじゃななかったわ」とまた気づかされるのです。(言葉を失った瞬間が1番幸せ©︎ヒッキー)

全力で踊って笑う女の子たちの輝きなんて無敵ですよ。眩しすぎ。しかもこれラストダンスですよ。このメンバーでやるのは最後だし実際に演劇自体ラストの子が多いんですよ。演技中、女の子たちは絶対泣かないようにしてたらしいんですが観客席で号泣してるお客さん(中には学校の友達も)を見て耐えきれず何人か泣いちゃうっていうのも含め、儚さがマジでやばい。しかも本当にいい踊り、いい表情!ジーン。

帰りの新幹線で振り付けの島田桃子さんと一緒になり背景の話を聞かせてもらい、おかわりジーンしました。

 

で、超最高な使われ方をした『ライトブルー』ですが「強めの魔法にかかったみたい」という言葉が出たり、内容とリンクしまくりの歌詞だったので三浦さんが書いたのかな?と一瞬思ったのですが、、書いたの俺だった!

恋と青春は魔法ですね。

 

素晴らしい作品に(ほんの少しですが)かかわらせてもらえて、マジ光栄でっす!

 

www.youtube.com

 

 

 

夏のせい的なやつ

夜の1時くらいにベットに横たわってスマホをいじってたら外から若い男女の声が聞こえてきて、何やら甘いムードっぽかったので耳をすませてみたらとても良いのが聞けた。

 

〜 以下書き起こし 〜

 

しばらくの間「私帰るね」「俺も帰るよ」などと言い合う男女。2人ともほろ酔いっぽい。

 

女「最後チューして」

男「マジ?」

しばし沈黙。キスしたっぽい音。

女「じゃあね」

男「てか初めてだよね?こんなん」

女「そだねー。じゃあね」

男「あ、ねえ、もう1回しようよ!」

女「だめー!じゃあね〜」

男「えぇ… じゃあね。気をつけて!」

(たぶん)女が手を振りながら歩いて行く。

男、ぼーっとした後トボトボと帰路につく。

近すぎて姿を覗くことができなかったものの、クーラーを止めて窓を開けていたので音がクリアに聞こえ、のっぺりした暖かい空気と音が混じってとてもエロかった。

男女のストーリーを想像してしまう。

ベッドに寝転んでるだけで、夏のせい的なロマンチックな瞬間を味わえたので得した気分だった。

男の方、帰り道に友達に報告のLINEしようとして文章作るけどやっぱ送るのやめたりすんのかなー

 

すげーいいっすなー   夏!

 

 

 

10年前にネットで会った人

 

10年前ぶりくらいにネットに文章を書いていこうと思った。

この文章を読んだことがきっかけです。

k-point.hatenablog.com

10年前はというと、僕は一浪中でmixi日記を書くことに夢中だった。

知り合いにどんな風に見られるかを気にしすぎて実名でのmixi日記が上手く書けなくなったので、匿名のアカウントを作り日記を公開していた。


通ってる美術予備校のこと、恋愛のこと、好きなバンドのことなどを日記に書いていたらいつしかコメントをくれる人が現れた。イギリスに留学中の日本人の女性で歳は当時22歳くらい。マイミクになりメッセージのやりとりをするようになった。僕はThe Libertinesというイギリスのバンドにハマっていたので現地ではどんな感じなのか?ということを聞いたり、留学先の学校の話を聞いたり、自分はデッサンが全然好きじゃないが色彩構成の課題は好きだとか日々の事などをやりとりしていた気がする。
書いた日記にコメントをくれたときは凄く嬉しかった。the smithをオススメされてガンはまりした。(数年後、the smithを好きな女の子が出てくる映画を観て心臓が飛び出しそうになった)


あっちは色々な写真をあげていたからあっちの顔は知ってるけどこっちの顔をあっちは知らないという状況がはがゆかった。(その人は小柄で古着っぽいおしゃれな服装でいつも外人と映ってて「ほえ〜」と思って眺めていた)


そんなある日、その女の人のアカウントが消えていた。
もう突然のことで消失感がやばかった。まったく挨拶もなかったことに凄くショックを受けた。それからなんの手がかりもなかったので完全なる別れとなった。

匿名アカウントの日記は、自分の事を知らない誰かに読まれるのが楽でよかったはずなのに、結局その女の人のために書いてた事に気づいた。というか日記を書くために日々を生きてたようなものだったのですべてのやる気がなくなり自分もアカウントごと消した。

 

あれから10年経ちなんとなく文章をまた書こうと思った。
理由は上記のエントリーに感化されたというのと、極楽とんぼが10年ぶりに復活した事がきっかけです。
10年前、毎週かかさずめちゃイケを観ていた僕は、その女の人にも「山本がいなくなっちゃったんですよ」とメッセージを送ったら興味なさ気な返信がきた覚えがある。


先日の山本復活めちゃイケはバカみたいに感動的で、やりすぎじゃないかと思うほどだったが僕はそれが観たかったのは事実だし、アホみたいに泣いた。
結局2人の男の約束、けじめをつける話であり、48歳の青春が描かれていた。
これは男にしかわからない、女にわかってたまるか位に思って観てたところで加藤嫁(最高)による「馬鹿じゃないの!」というセリフが素晴らしかった。やっぱ女の人がいるから幸せがあるんだし人生なんだなと号泣した。
あまちゃん紅白、いいとも最終回に続いて自分のベストテレビに刻まれました。

そんな感動したこととか書いておく場所ということでこのブログをはじめることにしたのですが、10年前mixi日記にいきなりコメントをくれたあの女の人がまた読んでくれたら最高という淡い期待を込めて...

 

 

www.youtube.com